わたしはこうして着物を売った

祖母から譲り受けた着物の行方

祖母が着物好きな人だったため、遺品整理をした際には着物が多く出て来たものです。親族の女性達で分け、私もいくらかを譲り受けました。着物好きな祖母には申し訳ないのですが、私は着物にはあまり詳しくなく、一人だと着る事も出来ません。それでも、祖母のものということもありますし、リメイクなどで再利用出来れば素敵だと考えていました。
ところが、実際には素人がそう簡単にリメイクを出来ることもなく、かといって頼むと、それなりにお金もかかるということから、せっかくの着物ですが、手付かずの状態になっていました。そんな時、友人が着物の買取について教えてくれたので、一番、思い出に残っている着物を除き、買い取ってもらうことにしました。思っていた以上の金額が付いたこと、そして買取の際に、着物を褒めてもらえたことで、とても暖かい気持ちになりました。

大切にしてきたからこそ有効活用の機会を

七五三や成人式といった行事の際には、着物を着てきましたが、お茶やお花を習うなど、着物を着る機会があるようなこととは無縁だったので、せっかくの着物も出番はありませんでした。着物好きな祖母のおかげで、持っている着物は良いものだっただけに、とても惜しいと常々思っていました。そこで、検討したのが買取サービスです。
どんなに良い着物だとしても、時間の経過とともに、どうしても柄や色味から似合わなくなってしまいます。出番がないのにもかかわらず、きちんとした保存方法で良い状態に保っておくのは、中々に骨が折れるものではないでしょうか。買取を利用する事で、大事にしてきた着物が再び活用される機会を得られるのは、とても喜ばしいことです。

© Copyright Understanding Kimono. All Rights Reserved.